神戸には1000万ドルと呼ばれる夜景があります。

昭和20年代に日本で初めて100万ドルの夜景と呼ばれるようになり、現在は1000万ドルだそうです。

年間の電気代を計算すると1000万ドル以上だった為、1000万ドルの夜景と呼ばれるようになっただとか。

そしたら東京の夜景は1億ドルの夜景ですね。

でもこの神戸の丁度いい街の大きさや海沿いに広がる街の広がり方などのバランスで、すごく夜景がロマンチックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です